FINAL FANTASY XI スキルキャップ早見表

English version
最終更新:2013/07/20 10:00

変更履歴

目次

  1. 基礎知識
  2. 計算式
  3. スキルキャップ早見表
  4. 各成長度におけるレベルごとのスキルキャップ
  5. 各種ウェポンスキル最速修得レベル

1.基礎知識

各種戦闘スキルはジョブ毎に能力値が設定されており、 あるレベルにおけるスキルの上限はそれによって決まります。

ゲーム中のステータス画面でスキルが上限に達すると値が青字で表示されます。 この値制限のことをキャップ(cap)といいます。

戦闘スキルは高いほど攻撃力、命中率などが上昇します。

能力値はA~Fの6段階 (Lv61からは更に細分化されます) が存在し、それぞれ計算式で求めることが出来ます。

もし、どれにも当てはまらない数値であった場合は、 スキルが上昇する装備を身につけている、メリットポイントで強化済み、 スキルが上昇するアビリティの効果時間中、 メインジョブのスキルではなくサポートジョブのスキルが適用されている といったことが考えられます。

サポートジョブのスキルが適用されている場合は、 サポートジョブのレベルでキャップ値が算出されます。


スキルを上昇させる方法

それぞれのスキル上昇のトリガーとなる相手(自分や攻撃対象など)のレベルにおけるキャップ値と現在のスキル差が小さいほど上昇しやすい傾向があります。スキル差が大きいと上昇しにくくなる代わりに一度に上昇する値が大きくなることがあります。

各種武器スキル

攻撃対象に武器による攻撃をヒットさせる。ただし与えたダメージが0の時は上昇判定が行われない。複数回攻撃武器、およびウェポンスキルは攻撃回数分、上昇のチャンスがある。
ただし、本来与えられるダメージがストンスキンに吸収された結果が0になった場合は上昇判定が行われる。インビンシブル、ファランクスによる0ダメージについては不明。

攻撃対象と同じレベルのキャップまで上昇する。すなわち「同じ強さ」以上の相手と戦わなければキャップに到達しない。

盾スキル

盾を装備して自分の前方から攻撃を受ける。盾が発動した時のみ上昇判定が行われる。
攻撃者とのレベル差が上昇率に影響すると見られる。

受け流し・ガードスキル

攻撃体勢を取った状態で自分の前方から攻撃を受ける。発動した時のみ上昇判定が行われる。
攻撃者とのレベル差が上昇率に影響すると見られる。

回避スキル

相手の物理攻撃を受ける。回避に失敗した場合でも上昇判定が行われる。
攻撃者と同じレベルのキャップまで上昇する。すなわち「同じ強さ」以上の相手と戦わなければキャップに到達しない。

各種攻撃魔法スキル

魔法を使う。対象者のレベルにより上昇限界が決まる。フルレジストされてもスキル上昇判定は行われる。アスピルをMPを持たない相手に対して使用した場合も上昇判定が行われる。

回復魔法・強化魔法

魔法を使う。攻撃魔法スキルと同様に対象者のレベルに依存する。アンデッド以外のケアルが無効となる敵に対して使用した場合も上昇判定が行われる。

弱体魔法スキル

対象に魔法を唱える。フルレジストされるとスキル上昇判定が行われない?

各種歌唱スキル

味方にかける歌は回復魔法と同じ。敵にかける歌は弱体魔法と同じだがフルレジストされても上昇する。

召喚魔法スキル

召喚獣を召喚する。契約の履行の行使時にも上昇判定が行われる。

忍術スキル

各種忍術の性質に応じてスキル上昇判定が行われる。

青魔法スキル

各種青魔法の性質に応じてスキル上昇判定が行われる。

サポートジョブにしか存在しないスキルは上昇することはありません。これはつまり、魔法の使えない戦士が、白魔道士をサポートジョブにしてケアルを使っても回復スキルは上昇しないということです。
また、スキルがなくても装備できる武器がありますが、この場合もスキルが上昇することはありません。

関連情報サイト

2.計算式

キャップ値は以下の計算式で求めることが出来ます。
レベルによって計算式が異なることに注意してください。
なお、小数点以下は切り捨てです。

レベル91~99の値は予想に基づく仮データです。

能力値 Lv 1~50 Lv 51~60 Lv 61~70 Lv 71~75 Lv 76~80 Lv 81~90 Lv 91~99
A+ (Lv-1)×3+6 (Lv-50)×5+153 (Lv-60)×4.85+203 (Lv-70)×5+251 (Lv-80)×6+301 (Lv-90)×7+361
A (Lv-60)×4.10+203 (Lv-70)×5+244 (Lv-80)×6+294 (Lv-90)×7+354
B+ (Lv-1)×2.9+5 (Lv-50)×4.9+147 (Lv-60)×3.7+196 (Lv-70)×4+233*1 (Lv-72)×5+241*4 (Lv-80)×6+281 (Lv-90)×7+341
B (Lv-60)×3.23+196 (Lv-70)×4+228*2 (Lv-73)×5+240*5 (Lv-80)×6+275 (Lv-90)×7+335
B- (Lv-60)×2.7+196 (Lv-70)×3+223*2
(Lv-73)×4+232*3
(Lv-75)×5+240 (Lv-80)×6+265 (Lv-90)×7+325
C+ (Lv-1)×2.8+5 (Lv-50)×4.8+142 (Lv-60)×2.5+190 (Lv-70)×3+215 (Lv-75)×5+230 (Lv-80)×6+255 (Lv-90)×7+315
C (Lv-60)×2.25+190 (Lv-70)×2.6+212 (Lv-75)×5+225 (Lv-80)×6+250 (Lv-90)×7+310
C- (Lv-60)×2+190 (Lv-70)×2+210 (Lv-75)×5+220 (Lv-80)×6+245 (Lv-90)×7+305
D (Lv-1)×2.7+4 (Lv-50)×4.7+136 (Lv-60)×1.85+183 (Lv-70)×1.7+202 (Lv-75)×4+210 (Lv-80)×5+230 (Lv-90)×6+280
E (Lv-1)×2.5+4 (Lv-50)×4.5+126 (Lv-60)×2+170 (Lv-70)×2+190 (Lv-75)×3+200 (Lv-80)×4+215 (Lv-90)×5+255
F (Lv-1)×2.3+4 (Lv-50)×4.3+116 (Lv-60)×2+159 (Lv-70)×2+179 (Lv-80)×3+199 (Lv-90)×4+229

  • *1Lv71~72に適用
  • *2Lv71~73に適用
  • *3Lv74~75に適用
  • *4Lv73~80に適用
  • *5Lv74~80に適用

3.スキルキャップ早見表

4.各能力値におけるレベルごとのスキルキャップ

5.各種ウェポンスキル最速修得レベル

ウェポンスキル修得可能レベルを一覧にしてみました。
スキルをキャップまで成長させたときにウェポンスキルを修得するレベルがわかります。
ウェポンスキルはスキルの値が一定値を越えるごとに修得するため、
このレベルに達したからといって覚えられるわけではないことに注意してください。
詳しくはウェポンスキルについて解説しているサイトをご覧ください。

表中のExはジョブ専用ウェポンスキルです。メイン、もしくはサポートジョブが指定のジョブでないと使うことは出来ません。
また、SPはメインジョブ専用ウェポンスキルです。

メリットポイントによるスキル上昇を考慮してレベルを算出することができます。
レベル補正のチェックをはずすと、レベル75以下で発生する上昇値の減衰を無視して計算します。
サポートジョブのスキルでウェポンスキルが撃てるかどうかを調べるときに有効です。